プロの漫画家を目指すには

イラスト

スキルをどう見に着けるか

漫画家になるには、まずはデビューをしないことには始まりません。漫画家としてデビューするには、新人賞に応募するか、出版社に自分の作品を持ち込むといった方法があります。あるいは、漫画家のアシスタントになり、そこからデビューのきっかけをつかむという方法もあります。とはいえ、漫画家になるには絵が描けないといけませんし、ストーリーも考えられないといけません。それだけでなく、自分の作品が映えるようなコマ割りなどの作業もしなければなりません。これらを独学で学ぶ人もいるでしょうが、やはり限界があります。基礎もできていないような状態なら、賞には受かりません。持ち込みをしても相手にされませんし、アシスタントに募集しても受からないでしょう。漫画家になるには、専門学校に入るのが近道と言えるでしょう。プロになるためのスキルをしっかりと教えてもらうことができるからです。多くの専門学校では、現役の漫画家が指導を行っているので、的確なアドバイスをもらうこともできるのです。また、自分では気づきにくい得意な点、不得意な点も客観的に教えてもらえることでしょう。漫画家になるには専門学校に通わなければと思っても、都内などにしか学校がないため無理だとあきらめてしまう人もいるかもしれません。しかし、中には分校を全国展開しているところもあります。とは言え、学校によって特色も異なるため、近いからという理由だけで選ばないようにしましょう。例えば、業界と連携していて学生のデビューを積極的に支援している学校もあれば、社会人でも通えるよう夜間の部を設けているところもあるのです。

Copyright© 2018 ギター教室の申し込み【手続きをスムーズにできる】 All Rights Reserved.