活躍するチャンスを掴む

漫画

プロの講師から学べる

昔から日本人に親しまれているのがマンガです。最近ではクールジャパンとして、海外でも人気を集めています。マンガ家になるにはプロの先生のアシスタントになる、SNSに積極的に作品を投稿するなど、色々な方法があります。「働きながらマンガを描きたい」「自分の本を出版したい」という人に人気なのがマンガの専門学校です。人気を集めている理由は三つあります。一つ目が、道具です。漫画を描くにはつけペン、ミリペン等の道具が必要になります。しかし、Gペンや丸ペンはプロの先生でも使いこなすのが難しいと言われています。専門学校では、画材の基本的な使い方を一から学ぶ事ができます。二つ目が、デジタルです。パソコンの普及により、デジタルソフトで漫画を仕上げる人が増えてきました。印刷所によってはデジタルでの原稿しか受け付けない所もあります。専門学校ではペンの入り抜き、カラーイラストの描き方などを分かりやすく教えています。スマホ向けのマンガの描き方も学べるため、時代に合った読みやすい作品を作る事ができます。三つ目が、作品の作り方です。マンガを描くためにはプロット、ネームの描き方はもちろん、演出方法やコマ割りを勉強しなくてはいけません。専門学校では、この土台となる部分をプロの講師から学ぶ事ができます。悪い部分はその場で指摘してもらえるため、すぐに作品を描き直す事ができます。ストーリー作りのノウハウを理解すれば、質の良い作品を仕上げる事ができます。

Copyright© 2018 ギター教室の申し込み【手続きをスムーズにできる】 All Rights Reserved.